FC2ブログ
2019-02-17(Sun)

ご近所

IMG_5262.jpg
さて引越しは来週に迫ってきました。
先週は移住先のご近所にあいさつに回りました。
お隣さまご近所は200メートルくらい離れて4件です。
みなさんご高齢で70代80代。そしてみなさんひとり暮らし。
58歳の私たちは若者でした・・






IMG_5218 2
82才のおばあさんはひとりで牛を飼育していました。
人の数より牛の数が圧倒的に多いご近所です。






スポンサーサイト
2019-02-07(Thu)

歳月

私たちは定年を2年残して早期退職をしました。
これからの暮らしについて色々考えた結果今住んでいる上田市を離れ
私の故郷の那須へ引っ越すことを決めました。
おじいさんの土地は戦後満洲から引き上げ開拓をした土地です。
私がまだ3、4歳の頃は囲炉裏があって家の隣には牛舎がありおじいさんは酪農をしていたことを覚えています。
年を重ねるにつれ、この広い農地に帰って私たちの暮らしを私たちで作ってみたいと思うようになりました。
全て人力で開墾したおじいさんたちには及びませんが。





IMG_20190207_0001.jpg

IMG_20190207_0002.jpg
32年前のちふりでの写真です。ぼけぼけ・・the昭和な二人・・
私26歳。お腹が大きい。よしさんは27歳です。
おじいさんはおばあさんが亡くなって囲炉裏のある家を壊し、この家を建てて一人で過ごしていました。
スクーターに乗って元気だったおじいさんもこの写真の後しばらくして亡くなりました。
そんなちふりの歳月を思いながら、これからは私たちがこの家を引き継ぎます。






2019-02-06(Wed)

ライフライン

DSC03787.jpg

おじいさんの土地に電気は引かれていますが上下水道は引かれていません。
ここに住むためにはまずは水を確保しなければなりません。以前は井戸を使っていたそうです。
水の権利を得るためにはこの地域の組合に入り水道を通して貰わないといけません。
おじいさんの家は公道から200メートル奥に入るために大きな工事になるそうです。
組合の方々が引いてくださるそうで工事費は50〜60万くらい。
水の権利金は12万。
自然の中で生きるには覚悟とやっぱりお金が必要です。
生活排水やトイレの排水は浄化槽を埋め込みます。
浄化槽は補助金制度があるようですが、土地の問題と引越しに間に合わせるためにこの制度は使えませんでした。
水道と排水の工事はかなり大きい負担なのだけど必須です。

IMG_3806.jpg








2019-02-05(Tue)

「好きなの持っていけ〜」

おじいさんの家の改修は予算を抑えるために壁、玄関、流し台、ドアは自分達で作る事にしました。
そんな素人の私たちに耳を傾けて下さる大工さん。有難いです。
それにしてもおじいさんの家かなり痛んでいるので北側全面とりこわしに。
地振り7




畳もボロボロ・・
ち振り


天上も壊して和室と台所をつなげてワンルームにします。
地振り5



ただどうしても取り除けない柱があるとのこと。
ワンルームの真ん中の柱は残さないと家が潰れるそうです。
大工さんから太い柱を勧められ悩んでいると
「好きなの持っていけ〜」
と丸太やら節がある柱やら枝がでているのやら・・
どれでも使って良いと言われ、ありがたく杉の四角い柱をいただきました。
大工の社長 ありがとう。
地振り6







2019-02-05(Tue)

改めましてこんにちは 

IMG_3804.jpg

那須へ移住を決めて段取りが始まり、いよいよ今月は引越しです。
実はこの間にもたくさんのことがありました。
一番は移住するおじいさんの家が農地法とやらに引っかかってしまったこと。
おじいさんの家は宅地ではなく農地に立っている事が判明。
那須役場の説明を受け宅地への転用を進める事になりました。
簡単に家を建て直して住もうなんて考えは甘かった。
家を建てるって簡単なことじゃないんだなぁ。
農地法の事そして建築法の事も勉強になりました。






プロフィール

Punpunpun

Author:Punpunpun
2019年春に那須高原ちふりに移住します。おじいさんの家を改修し畑やハーブガーデンを作っていきたいと思います。ターシャの庭を目指します。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク